債務整理について調べた

税理士試験の選択必須科目について

税理士試験の中で大部分を占めるのが税法科目です。友人から聞いたのは千代田区 相続です。

 

税法科目は選択必須科目と選択科目に分かれています。偶然見かけて参考になったサイト→千代田区 税理士が良いです。
そのうちで選択必須科目は所得税法と法人税法です。所得税は個人が一年間に得た所得に対して課される国税です。実は国税収入額の第一位です。税理士のことなら東京 相続税も見てみてください。
法人税は株式会社などが収益事業により得た所得にかかってくる国税で国税収入額の第二位です。この二つの税法のうちどちらか一方に合格すれば税理士試験の用件は満たすことができます。しかし、どちらも重要な内容なので税理士として勉強しなくてよいということではありません。お困りの方は会社設立 千代田区が超おすすめ。

 

ただ、試験としては1科目だけ合格すればいいので、自分の得意な方に取り組む人も多いです。また、将来自分が税理士としてどのように活躍したいかにもよります。法人税法を学んでおけば、計算が複雑な法人税を計算する税理士として企業から依頼を受けることができます。友人にも勧めた千代田区 経営計画←ここです。
反対に所得税法は個人に対する税金になってきます。個人的に役立つ知識でもあると同時に、開業してから企業ではなく個人を中心に顧客としてい人におすすめの科目といえます。学習範囲は多岐にわたっていますが、例年法人税法に比べ、合格率がやや高めなので人気です。